プリント基板について詳しくご紹介!

このサイトではプリント基板の発注についての紹介を行っています。
格安で発注する方法、海外の業者もしくは日本の業者に依頼するのではどちらが安く出来るのか、日本の業者と海外の業者のいずれかを利用した時の依頼から基板が到着するまでの流れなどについての紹介を行っています。
プリント基板を大量に制作する時などは、格安で依頼が出来る、品質の高い業者を選ぶ事で生産コストを下げると同時に品質の良い製品づくりが出来るメリットに繋がって来ます。

格安でプリント基板を発注しよう!

格安でプリント基板を発注しよう! プリント基板の発注の方法には、アートワーク制作から依頼する方法とアートワークデータを業者に提供して、生基板を生産して貰う2つの選択肢があります。
アートワークとは、プリント基板のプリントパターンや電子部品の配置図を含めたもので、電子回路として動作させる事が出来る生基板の設計を意味しています。
アートワークを含めるか否かは、自社の中でアートワーク設計が出来るかどうかで決まりますが、生基板を製造して貰うための条件はアートワークが必須で、自社でアートワークデータを提供すればその分、格安料金で生基板の発注が可能になります。
尚、依頼出来る業者は日本国内だけでなく、海外にもあるので格安料金で依頼出来る業者を見つける時には見積もりを依頼するのがお勧めです。

格安でプリント基板を発注するコツ

格安でプリント基板を発注するコツ プリント基板を発注するときにできるだけ格安で済ませたいというなら、見積もりを比較することがコツになります。
それぞれの業者の料金設定は異なりますし、プリント基板は一律の設計ではないため、実際に見積もりを出してもらわないと具体的な費用はわかりません。
そのため、まずは見積もりを出してもらって、その中で一番安い業者を見つければコストを抑えることが可能となります。
見積もりをしてもらう業者を選定する場合は、どれくらいの単価でやっているのかなどをホームページから調べると、初めから高い業者は除外できるので効率的です。
ピン単価いくら、というような表示があればおおよその値段は見積もりを出してもらう前にも把握することが可能であるため、そういった表示がないかどうかはチェックすると良いです。
見積もり自体はどこの業者でも無料でしてもらうことができますから、気軽に出してもらいましょう。あとはそれぞれを比較すればよいだけです。
仕上りなどその他の点も重視するのであれば、ホームページ等の情報から信頼できそうかどうかという点も判断要素として、最安値にこだわらずバランスが良い業者を選ぶとプリント基板の仕上がりに満足することができるでしょう。

プリント基板関連情報

プリント基板に関連するご相談なら、お気軽にご連絡ください!

プリント基板

新着情報

◎2018/7/5

ノイズ発生源とその対策
の情報を更新しました。

◎2018/4/4

日本業者の発注の流れ
の情報を更新しました。

◎2018/2/8

海外業者の発注の流れ
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

サイトを公開しました

「基板 発注」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@hakogala_rhythm 他店のツイートで、新筐体用のスクラッチ~I/O基板間のハーネスをメーカーに部品として注文したような話が出てました。 フォトセンサーなどの消耗品と同様に発注出来るのか、値段はどれくらいか、などは分かりませんが参考になれば幸いです。

Twitter Yuk1_1206S Yuk1#北斗

返信 リツイート 20:18

RT @dll7: @logic_ic 例の基板、そろそろpcbgogoに発注したいんだけど進捗どんな感じ?

RT @rallymonitor: #PCBGOGO が15日までキャンペーンをやっていて基板25%オフ&2200円商品券(クーポンか?)ということで、いつもより大目に発注。 いつもならデータアップして数分でデータチェック完了になるのだけど、さすがに注文が殺到しているのか、まだ…

返信先:@kappa_esys お疲れー 私は旗振って応援していただけだから(無能)、頑張ったのは私以外のみんなやで カラオケ行くことは確定なのねw 回路部品購入や基板発注でお金無いからしばらく無理かも とはいえ、誘われたらホイホイついていくよー 行くときは誘ってくれちょ

が、あと1ドルで基板を10枚発注できると考えるとなんか微妙な気持ちになるな

Twitter n_IMRC うわの空

返信 リツイート 0:57

初めてのプリント基板発注してからケースに端子類の実装配線する事を考えていたのだけど、本当は最初にケースの大きさを決めてしまってそれに合わせて基盤の大きさを決めて端子類も基板上に実装してしまうのが一番効率良いんだなと気がついた。何事も学びやなー。

Twitter komine ちゃぼ

返信 リツイート 0:50

出るのは知ってたけど、JTAGピッチ変換と一緒に基板発注してしまった。

DesignSparkPCBで設計した基板を、Elecrow、FusionPCB、PCBGOGO 等へ発注する場合の注意点です。 bit.ly/2Lt6Uue pic.twitter.com/DtnR18fSu0

今回Elecrowに発注した実装基板でOCSで送ってもらったら、手数料が700円でいよいよDHLを使う理由がなくなった

Twitter J_rocket_boy ロケット小僧

返信 リツイート 昨日 16:58

マイコン実装済み基板、1ヶ月前に発注していたやつが届いた 微細なピッチのハンダ付けも綺麗🤗 pic.twitter.com/rwcAVFHtG6