プリント基板について詳しくご紹介!

このサイトではプリント基板の発注についての紹介を行っています。
格安で発注する方法、海外の業者もしくは日本の業者に依頼するのではどちらが安く出来るのか、日本の業者と海外の業者のいずれかを利用した時の依頼から基板が到着するまでの流れなどについての紹介を行っています。
プリント基板を大量に制作する時などは、格安で依頼が出来る、品質の高い業者を選ぶ事で生産コストを下げると同時に品質の良い製品づくりが出来るメリットに繋がって来ます。

格安でプリント基板を発注しよう!

格安でプリント基板を発注しよう! プリント基板の発注の方法には、アートワーク制作から依頼する方法とアートワークデータを業者に提供して、生基板を生産して貰う2つの選択肢があります。
アートワークとは、プリント基板のプリントパターンや電子部品の配置図を含めたもので、電子回路として動作させる事が出来る生基板の設計を意味しています。
アートワークを含めるか否かは、自社の中でアートワーク設計が出来るかどうかで決まりますが、生基板を製造して貰うための条件はアートワークが必須で、自社でアートワークデータを提供すればその分、格安料金で生基板の発注が可能になります。
尚、依頼出来る業者は日本国内だけでなく、海外にもあるので格安料金で依頼出来る業者を見つける時には見積もりを依頼するのがお勧めです。

格安でプリント基板を発注するコツ

格安でプリント基板を発注するコツ プリント基板を発注するときにできるだけ格安で済ませたいというなら、見積もりを比較することがコツになります。
それぞれの業者の料金設定は異なりますし、プリント基板は一律の設計ではないため、実際に見積もりを出してもらわないと具体的な費用はわかりません。
そのため、まずは見積もりを出してもらって、その中で一番安い業者を見つければコストを抑えることが可能となります。
見積もりをしてもらう業者を選定する場合は、どれくらいの単価でやっているのかなどをホームページから調べると、初めから高い業者は除外できるので効率的です。
ピン単価いくら、というような表示があればおおよその値段は見積もりを出してもらう前にも把握することが可能であるため、そういった表示がないかどうかはチェックすると良いです。
見積もり自体はどこの業者でも無料でしてもらうことができますから、気軽に出してもらいましょう。あとはそれぞれを比較すればよいだけです。
仕上りなどその他の点も重視するのであれば、ホームページ等の情報から信頼できそうかどうかという点も判断要素として、最安値にこだわらずバランスが良い業者を選ぶとプリント基板の仕上がりに満足することができるでしょう。

プリント基板関連情報

プリント基板に関連するご相談なら、お気軽にご連絡ください!

プリント基板

新着情報

◎2018/7/5

ノイズ発生源とその対策
の情報を更新しました。

◎2018/4/4

日本業者の発注の流れ
の情報を更新しました。

◎2018/2/8

海外業者の発注の流れ
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

サイトを公開しました

「基板 発注」
に関連するツイート
Twitter

こんにちは。本業の連続勤務に入ってしまいましたが、もうすぐ4桁大型ニキシー管時計の基板設計が終わりそうです。幅20cmに収まって良い感じです、外装は6桁時計と同じ。週末には試作基板発注したいですね-。(写真2枚目以降は試作0号機を再掲) pic.twitter.com/x2bTxtttkZ

Twitter meteor_elec メテオ・エレクトロニクス

返信 リツイート5 12:07

Elecrowに修正した基板発注しました。 pic.twitter.com/6WaAQcGifs

Twitter tsumehashi tsumehashi@爪車

返信 リツイート 0:33

和歌山で使ったVNH基板単体もニッチだけど需要あったら追加発注していきたい

VNH基板発注してない()

Twitter Gyokuro_ROBO 玉露じいさん@元ゆずれもん

返信 リツイート 0:02

新しい方のVNH基板もいよいよ発注しないとな

基板の線を引き終え、チェックし発注が完了する。 ひと仕事やり終えた後の恍惚、充実、満足、そして見つかる配線ミス

Twitter ichirowo イチロヲ@転職活動中

返信 リツイート6 昨日 22:12

新しい電源基板発注したから 次はケース作んなきゃ だけど、放熱に悩み中

Twitter KENrobo0432 皐月@GTailPoiのまえけん

返信 リツイート 昨日 22:12

AddOn基板に使用するため、20/4 pin 2.54p Stack 11mm Long Tall Leg Female Header を発注した。

新しい基板発注して実装し終わったんですが!何故かDCDCが壊れるという楽しい事態になりました!!ハハッ! 【急募】OKL-T6の剥がし方

【自作基板の三大ショック】   ・裏表を間違えた ・ピン配を間違えた ・フットパターンの大きさを間違えた   上記3つだけは念には念を入れてチェックする。 量産品ではない「一品物」なので、上記以外のミスなら最悪ジャンパでリカバーできる。 なんとか今月中に基板メーカーに発注したい。 \^o^/

Twitter duo6750 がたろう TTLでCPUを作る爺(コンパイラやOSも手作りです)

返信 リツイート2 昨日 18:18